携帯ブログ

川越市の整体・ボディリメイク日記

  

モンスターカレンダー

« 2013年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

草津の最近のブログ記事

川越市の整体院【姿勢矯正・腰痛・産後骨盤矯正 専門】ボディリメイクサロンの院長・齊藤裕治です。

ブログを見ていただきありがとうございます。

 

 

 

5月5日~6日のゴールデンウィーク。

 

お店をお休みさせていただき、

 

草津への旅に行って来ました。happy01 

 

遅めの時間帯に出発したのにも関わらず、

 

道は思ったよりも混雑しておらず、わりと早めに草津へと到着しました。

 

 

到着して早々、西の河原公園へと散歩。

kusatu20.jpg

 

 

kusatu21.jpg

温泉が湧き出ている河原だけあって足湯していたり、

水着で泳いでいる子供がいたり?? 多くの人で賑わっていました。

 

 

kusatu23.jpg

奥に進むと本格的に湯気があがっている光景を見る事が出来、

さすがは日本を代表する温泉地だなぁーと思いました。

  

こんな感じで温泉が湧いているのですから、草津のお湯は効くはずですよね。

 

自分は、普段から近場の温泉施設によく行くほどの温泉好きなので、

 

草津温泉に来れば、自然とテンションもあがってきます。

(近場の温泉施設に行くみたいに、思い立った時に行ける距離ではないですからね・・・)

 

 

 

そして西の河原公園を散歩後はそのままの流れで湯畑へ。

 

 

こちらもゴールデンウィークという事もあってか沢山の人で賑わっておりました。

 

この日は、大道芸人による素晴らしいショーなんかもやっておりました。

 

 

 

 

kusatu24.jpg

豪快に流れ落ちるお湯。

 

エメラルドグリーンが何ともキレイです。

 

 

だんだんと日が暮れるとともに体も冷えてきたので、

 

ホテルへと戻り、ホテルの温泉で冷えた体を温めました。

 

草津の温泉は体の芯までよく温まり、

 

湯船につかりながら、「やっぱ、草津っていいなぁ~」と毎度の事ながら思わずつぶやきます。

 

体をよく温めた後は、バイキングの夕飯をお腹いっぱいに食べました。

(せっかく温泉で身体や内蔵が回復してるのに、

その後、暴飲暴食してしまったら意味ないですね。 毎度の事ですが・・・coldsweats01

 

 

今年の草津の旅も温泉&食事がメインとなった旅となりましたが、

 

 

たっぷりと満喫してくる事が出来ました。

 

 

やっぱ草津は何度行ってもいいですね~ spa 

  

「草津よいとこ~ 一度はおいで ♪ 」という有名な歌がありますが、

 

「草津よいとこ~ 何度もおいで ♪ 」

 

ですね。catface 

 

 

 

 

 

川越市の整体院【姿勢矯正・腰痛・産後骨盤矯正 専門】ボディリメイクサロンの院長・齊藤裕治です。

ブログを見ていただきありがとうございます。

 

 

前回の続きです。

 

翌日、ホテルをチェックアウトし名残惜しい気持ちを抑えつつ草津温泉を出発する事にしました。

 

 

2日目は草津白根山にある「湯釜」へ向けて出発です。

 

 

白樺の木に囲まれた雰囲気の良い峠道を進んでいくと、だんだんと景色が変わってきて、

kusatu12.jpg

まるで、スイスにいるかのような見事な景色になってきました。

 (当然、スイスには行った事はありませんが・・・)

 

 

 それから白根山ふもとの駐車場に到着。

 

車から降りると想像以上の風の強さと、

 

5月だというのに真冬のような、すごい寒さにびっくりしました。coldsweats02

 

ウィンドブレーカーを持参しておいて良かったです。

 

トイレの前には「硫化水素ガス危険区域表示図」の看板が。 kusatu13.jpg

勝手なイメージですが硫黄の臭いがすると、

 

温泉のイメージから身体に良さそうと感じてしまいますが、

 

場所によっては危険な有毒ガスになってしまうですね。

 

湯釜を見る為には、「草津白根山火口展望台」に向けて山道を登ります。

kusatu14.jpg

厚い雪の壁に囲まれた展望台へと続く山道。 これもまた雰囲気があっていいもんです。 

 

久々の山登りは疲れますが、

 

綺麗な景色を眺めながらのハイキングというのは、やはり気持ちのいいもんです。shine

  

こんなに寒くても、G・W中ということもあってか沢山の方が登山しておりました。

kusatu16.jpg

 

 

 しばらく頑張って登り続け、ようやく 「草津白根山火口展望台」に到着。

kusatu19.jpg

 

 

目の前にはエメラルドグリーン色に綺麗に輝く「湯釜」の姿。

kusatu17.jpg

ずっと眺めていると神秘的な気分にもなります。 頑張って登った甲斐がありました。

 

 

2歳半になる姪っ子も行きの登り道では「抱っこ、抱っこ」と言って抱っこが多かったですが、

下り道では、ほとんど頑張って下りる事が出来ました。

kusatu18.jpg

無事に下りると、ご褒美に好物のラムネをもらっていました。 (ラムネパワーが効いたのかな・・・) 

 

 

それからは白根山を後にして万座方面、軽井沢方面を経由して帰路につきました。

 

 

という事で今回の旅行も、あっという間に終わってしまいましたが、

 

 

こうして写真を見て思い出を振り返ると、

 

 

楽しさが蘇ってくるので、これもまたいいもんです。 happy01 

 

 

あっという間の2日間でしたが、疲れも癒されてリフレッシュした旅となりました。

  

 

 

「おわり。」

 

 

川越市の整体院【姿勢矯正・腰痛・産後骨盤矯正 専門】ボディリメイクサロンの院長・齊藤裕治です。

ブログを見ていただきありがとうございます。

 

 

前回の続きです。

 

 

ホテルで少しのんびりした後は、「西の河原公園」へ散歩に出かけました。

nisino.jpg

硫黄の臭い、湯気、透き通った緑色の池、ゴロゴロと転がっている岩などが、

 

草津温泉の独特の雰囲気を感じさせてくれました。

 

 

こちらは元気よくボコボコと池に湧き出ている様子。

nisino1.jpg

これぞ、まさしく天然温泉 spa

  

この周辺に生息している自然の動物も、

 

人がいない時に隙をみて、こっそりと入浴しに来ているかもしれません。

 (勝手な想像ですが・・・) 

 

 

 そして、そのまま「西の河原公園」から「湯畑」へ。

 

 

湯畑に来ると、更に人もいっぱいで賑わっておりました。

 

kusatu3.jpg 

豪快に流れる湯畑の温泉。

 

 

こちらは公共の無料の足湯。

 kusatu4.jpg

 

 

「あちゅい あちゅい」と言いながら、

 

頑張って入ってましたが、姪っ子にはちょっとだけまだ早いようです・・・ coldsweats01 

kusatu5.jpg

大人には適温で、とても気持ちのいい足湯でした。

 

だいぶ足が温まったので、足漕ぎボートで疲労して重くなっていた足がすごく軽くなりました。

  

 

足湯を浸かった後はホテルに戻り、夕飯をいただく事に。

 

 

夕食はバイキング形式で、お腹もペコペコだったので沢山いただきました。

kusatu6.jpg

ステーキ、野菜、こんにゃく、焼き魚、その他 色々と美味しくいただきました。

 

このように美味しい食事をお腹いっぱいに食べられる機会があるというのは、

 

本当に感謝しなくてはいけないと思いました。think

 

 

夕食でお腹も満たした後は再度、湯畑へと散歩しに行きました。

 

 湧き上がる湯気が光に照らされて夜の湯畑もステキな感じでした。

kusatu7.jpg 

 

 神社の階段に沢山のロウソクが置かれていて、とても綺麗でした。

kusatu8.jpg

 

 

この日はジャスコンサートも行っていて、綺麗で力強い歌声が響いていました。

kusatu10.jpg 

 

 こちらは無料の公共の温泉浴場 spa

kusatu11.jpg 

中には洗い場がなく、シンプルでレトロな浴場で、

 

昔の時代にタイムスリップしたような新鮮な雰囲気が味わえました。

 

湯畑のすぐ近くの浴場だからなのか、

 

ホテルの温泉に比べて硫黄の臭いや色が濃く、効き目がある感じがしました。

 

このように湯畑周辺にはありがたい事に無料の「足湯」や「浴場」があるので、

 

せっかく草津に来たならば、ぜひとも入らなければもったいないと思いました。

 

 

 

それからホテルに戻り、寝る前にホテルの温泉でまた温まりました。 spa

 

「足湯」「公共の温泉」「ホテルの温泉」と何度も入浴したので、

 

身体に温泉成分がたっぷりと吸収出来たと思います。 (少々、欲張りすぎかもしれませんが・・・)

 

なので、ずっとポカポカ感が続き気持ちよく熟睡することが出来ました。sleepy

 

スーパー銭湯が好きなので、普段から定期的に入浴しに行っていますが、

 

草津の温泉の効果をこうして感じてみると、

 

「やっぱ草津ってすごいなぁ~」 と改めて思ったのでした。 happy01

 

 

「その3」に続く・・・

 

 

 

川越市の整体院【姿勢矯正・腰痛・産後骨盤矯正 専門】ボディリメイクサロンの院長・齊藤裕治です。

ブログを見ていただきありがとうございます。

 

 

 

誠に勝手ながら5月1日、2日と店をお休みにさせてもらって、

 

草津へと旅行へ行って参りました。  

 

 

  

関越道に乗り草津方面へ向けて出発。

 

 

道は思っていたよりも空いていてスムーズに行くことが出来ました。

 

 

なので昼前には「渋川伊香保インター」を下りることが出来て、

 

途中、日本3大うどんの1つの「水沢うどん」に立ち寄り昼食をとる事にしました。

 

 

さすがにうどんで有名とあってうどん屋さんが沢山あり、どのお店も満員でした。

mizusawa1.jpg

「 ● ● 屋」がいっぱい。 どこに入っていいのか迷ってしまいます・・・

 

 

約1ヶ月前頃までは震災の影響や自粛ムードで各観光地が閑古鳥が鳴くほど、

 

暇になってしまったというニュースをよく耳にしました。

 

ゴールデンウィークという時期でもありますが、

 

こういった感じで賑わっている様子が見れたので少し安心した気分になりました。

 

 

 

そして迷った結果、「大澤屋」さんで食べることにしました。

mizusawa2.jpg

 

 

入り口付近には 「金さん、銀さん」の写真が飾ってありました。 (懐かし~)

mizzusawa3.jpg 

金さん、銀さんがうどんを美味しそうに食べている様子が伺えます。

 

 

ごまうどんを注文し、食べました。

mizusawa3.jpg

みずみずしくてコシのある麺の食感に、風味の効いたゴマ汁がからみついて絶妙な味でした。

 

以前違うお店で食べた時も美味しかったですが今回もとても美味しかったです。

 

こちらの方面に来た際は、またわざわざ食べに来たくなりそうです。

 

 

そして、お腹を満たすと草津へ向けて出発しました。

 

のどかな道を暫く進み、「榛名湖」で休憩しました。

 

湖畔にあった「ボート乗り場」で足漕ぎボートに乗りました。

 

 

スワンではなくて恐竜の足漕ぎボートに乗りました。

harunako1.jpg

 

 

姪っ子は大喜び。  だけど漕ぐ側は結構、疲れました・・・ wobbly

harunako2.jpg

 

 

湖上から見る榛名湖の景色も気持ちがよかったです。

harunako3.jpg

 

 

足漕ぎボートを20分間漕いで楽しんだ後、草津へ向けて再度、出発しました。

 

 

そして、峠をいくつか越えて「草津」に到着しました。

 

 

そして予約したあったホテルへ。

kusatu1.jpg

G・W期間だと宿泊料が高くなりますが、

 

今回は義兄の計らいで、サービスの良いホテルに安く宿泊する事が出来たのでラッキーでした。

 

そして部屋でしばらくのんびりして散歩に出かけました。

 

部屋からみた草津の温泉街。

kusatu2.jpg

 

 

 

 

続きは後ほど・・・  「その2」に続く。

 

 

 

 

 

 

 

MT42BlogBetaInner

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち草津カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは気になるCMです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

QRコード

携帯の方はQRコードを使ってご覧ください。

最近のコメント

  • saito: たなかさん ありがと 続きを読む
  • たなか けいこ: おめでとうございま〜 続きを読む
  • saito 【川越の整体 ボディリメイクサロン】 : Nak.さん ご心配 続きを読む
  • Nak.: 久々に見に来たら…あ 続きを読む
  • saito 【川越の整体 ボディリメイクサロン】 : Nak.さん なるほ 続きを読む
  • Nak.: 女性用なら長靴っぽく 続きを読む
  • saito 【川越の整体 ボディリメイクサロン】 : ヒロ自然療法院 さん 続きを読む
  • 若せんせ: 一枚の花びらに、心が 続きを読む
  • ヒロ自然療法院: 斉藤さん、ご無沙汰し 続きを読む
  • saito 【川越の整体 ボディリメイクサロン】 : mi-73☆ さん 続きを読む
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)